歯医者・歯科医院

mildenhallspeedway.com > 歯科医院 > 子供の虫歯予防

子供の虫歯予防

歯というのは生え始めた時は表面のエナメル質がまだ弱く再石灰化をし、徐々に強い歯になっていきます。
ですから、子供は大人より虫歯になりやすい状態にあります。

 

子供の虫歯予防では下記の3点をおさえておきましょう。

 

1つ目はハミガキです。これはみなさんもご存じだと思います。

 

2つ目はフッ素の使用です。
フッ素は歯の表面のエナメル質を強くしてくれる作用があります。
家庭で使えるフッ素は低濃度ですが毎日使うことが出来るので効果が期待できます。

 

歯科医院では家庭では使用できない高濃度のフッ素を塗布してもらうことが出来ます。
フッ素は多量に摂取すると中毒症状を起こすことがありますので用法用量を正しく使いましょう。

 

3つ目は食事の仕方です。
口の中は食事をする度に酸性に傾きハミガキしたり唾液で中和されたりして中性に戻ります。
虫歯は口の中が酸性に傾いたときに進行します。
たとえば1日3回食事をした場合と1日5回食事をした場合、どちらが虫歯になりやすいでしょうか。
5回の場合ですね。
虫歯の観点からいうと食事の回数は少ないほうがよいです。

 

しかし、子供は間食も立派な食事の一つです。
間食しないのは無理なのです。
ですので、注意してほしいのはダラダラ食べないことです。
間食の時間を決めて食べることが大切です。

 

あと、ジュースはお口の隅々にまで糖がいきわたります。
特に歯と歯の間の虫歯になりやすくなるので注意しましょう。

 

 

リンク

豊中で愛され続けるこの歯医者さん。他院では特別室にしか設置しないような最高級設備を揃え、椅子にはテンピュールマット。患者さんが治療中寝てしまうほどの安心感のあるこの歯医者さんは、レーザー治療だって自慢。CO2スーパーパスルレーザー装置を導入し、レーザーメスだけではなくあらゆる治療に対応可能。
レーザー治療の豊中・赤尾歯科医院

 

離婚に至るのに、すんなり合意に至ることが望ましいのでしょうが、なかなかそうも行かないのもまた事実。離婚問題に関しては、裁判の前に調停で解決することが法律上義務づけられています。もしあなたが、離婚調停という問題に直面しているのなら、大阪守口の村上和也法律事務所へご相談ください。離婚の法規的解決方だけでなく、離婚後の生活基盤にいたるまで、親身になってご相談をお聞きいたします。
離婚調停について村上和也法律事務所へご相談下さい

 

歯科医院

会社設立

その他

最新記事

Copyright  mildenhallspeedway.com  All Rights Reserved