会社設立

mildenhallspeedway.com > 会社設立 > 法人化した場合

会社設立の法人化した場合と個人事業の違い

■会社設立の法人化した場合と個人事業の違いについて(税金)

 

会社設立の法人と個人事業の違いについてなんですが、法人と個人事業を比較してみる必要があります。
※個人事業の場合に掛かる税金は、所得税 住民税 個人事業税の3つです。
※会社設立法人化した場合に掛かる税金は、法人税 法人住民税 法人事業税の3つです。

 

個人事業の場合の税金。

 

◎195万円以下の場合(5%)。 

 

◎195万を超え330万以下の場合(10%)。 

 

◎330万を超え695万の部分(20%)。

 

◎695万を超え900万の部分(23%)。

 

株式会社の場合の税金。

 

◎800万以下の場合(22%)。

 

 

■会社設立の法人化を考える時期

 

個人事業の場合の税金。

 

◎900万を超え1800万の部分(33%)。

 

◎1800万を超える部分(40%)。

 

株式会社の場合の税金。

 

◎800万を超える部分(30%)。

 

会社設立の法人化を考える時期なんですが、800万あたりからそろそろ会社設立の法人化を考えるのではないでしょうか。

 

 

■会社設立の法人化を考えるその他の理由

 

会社設立の法人化を考えるその他の理由は色々考えられます。

 

◎信用度の向上させたい

 

◎有限責任に変えたい 

 

◎融資が有利なるかもしれない 

 

◎事業拡大できる可能性が上がりそう 

 

◎自分も社会保険と厚生年金に加入したい 

 

◎決算日の説定をしたい

 

などが考えられます。

便利なリンク

もうシロアリ駆除業者頼ることはありません。業者価格のわずが8分の1の費用で醜いシロアリを根こそぎ駆除。
自分で出来るシロアリ駆除

 

カードローンは担保や保証人が必要ないので仕事に就いて安定した収入がある方ならば簡単に借りることができます。しかも、ネットで必要書類の提出をすればすぐに契約も出来るため融資までの時間が短縮されます。
カードローン審査について

歯科医院

会社設立

その他

最新記事

Copyright  mildenhallspeedway.com  All Rights Reserved