会社設立

mildenhallspeedway.com > 会社設立 > マイナス面

会社設立のマイナス面について

会社設立のマイナス面なんですが、やはり色々と手間やお金がかかるようです。
会社設立のマイナス面をいくつかあげてみます。

 

◎会社設立の定款の作成を、司法書士に依頼した時の費用なんですが、手数料を入れて約21万から30万ほど掛かると思われます。

 

◎決算時の会計処理なんですが、会社設立法人なので複式筆記で、会計をする必要があるようです。

 

◎会社設立法人は労働保険 社会保険(健康保険 厚生年金)など入りますので、負担が増えます。

 

◎会社設立法人の場合は、会社が赤字の場合でも法人住民税(県と市への地方税)の税金の支払いが、発生するので毎年7万程掛かります。
※会社が赤字の時支払わなくても良い税金は、法人税(国税)と法人事業税(地方税)です。

 

◎会社の資金や資産を勝手に使うことは出来ません。。

 

◎交際費が全額算入出来ません。

 

などが、株式会社を設立する上でのマイナス面だと思われます。

 

 

■株式会社設立後の金銭以外のマイナス面

 

 

株式会社設立後なんですがやることは山積みかもしれません。

 

株式会社設立後の金銭以外のマイナス面なんですが、取締役と監査役は任期10年なんですが、義務づけられている定時の役員の変更があります。
※決算期の三ヶ月以内に株主総会、取締役会で役員の選びなおしがあります。

 

 

 

便利ツール

歯科医院

会社設立

その他

最新記事

Copyright  mildenhallspeedway.com  All Rights Reserved